道院行事
Shorinji Kempo

道院行事とは

金剛禅総本山少林寺の行事

金剛禅総本山少林寺の行事とは、金剛禅を修行する門信徒一人一人が、行事を通じて開祖宗道臣先生の志に思いを馳せ、行としての少林寺拳法の意義を再確認し、「人として生きること」について理解を深めるために執り行われます。一年を通じて下記の行事が執り行われています。

入門式

道院に新たな仲間を迎える行事です。新入門者は門信徒と参列者の前に立ち、入門の決意を誓います。入門式において道院長より話される法話は、生涯続けていく金剛禅の修行において、最も大切な事柄になります。入門式は、金剛禅の修行をする門信徒にとって、一生に一度しかない大切な儀式で、この日を境に、「本当の強さ」と「生きることの意味」を日々考え、行動する人間へと変わっていく第一歩を踏み出します。

新春法会

新春法会(ほうえ)とは、そこに集う皆で新しい年を祝うとともに、金剛禅総本山少林寺の聖典である「教典」を一緒に唱和したり、門信徒代表による決意表明を行い、道院長の年頭法話を聴いて、心新たにして一年の第一歩を踏み出すための行事です。
あわせて、允可状や精勤賞の表彰状の授与も執り行なわれ、皆で祝福します。

開祖忌法要

初代師家・宗道臣(以下、開祖と言う)の命日である5月12日に、開祖の「志」に思いを馳せ、遺徳を偲び、その偉業を称えて感謝する行事です。そして、あらためて、開祖の志を自分の志として、自己完成への道と人づくりの道に精進することを心に誓う行事です。

達磨祭

達磨祭とは、達磨大師の命日とされている10月5日またはその前後に、祖師達磨大師を礼拝し、その遺徳を偲ぶとともに、そこに集う皆で「拳禅一如」の修行に一層精進することをお互いに誓い合う儀式です。

2023年1月27日 入門式

入門式

2023.1.27(金)

 清水袖師道院は、昨年12月に新たに2人の仲間を迎え、上記日程で入門式を執り行いました。

 

 司会は、小峰 弘文 中導師が務めました。

 

 【導師献香】

 代表道院長 平井 富士雄 少法師

 参与道院長 小峰 悟 中導師

 

 【教典唱和】

 望月 翔太 権中導師が奉読し、門信徒全員で唱和しました。

 

 【入門式表白文奉読】

 平井 富士雄 少法師

 

 【誓願文奉読】

 入門者を代表して、加藤 冴恵 拳士が奉読しました。立派に読み上げることができました。

 

 【盟盃】

 兄弟のように、無償で助け合う仲間になることを誓う盃です。中身はぶどうジュースです。

 まず、導師が飲みます。

 続いて、入門者が飲みます。

 加藤 冴恵 拳士

 加藤 陽道 拳士

 

 【導師法話】

 代表道院長 平井 富士雄 少法師

 少林寺拳法を創始した 開祖 宗 道臣 のお話を聞かせてくれました。

 乳母車事件がきっかけとなり、開祖が、行動すれば世の中を変えることができるという考えを持つようになったことや、開祖の夢に現れた達磨大師からヒントを得て、「行」としての少林寺拳法を始めたことを学びました。

 話さなければ言葉は身についていかないというお話も、説得性のある内容でした。

 

 【演武】

 ①牧田 真海 拳士、吉田 渉悟 拳士

 練習の成果を発揮しました。

 

 

 ②野田 明伸 拳士、望月 梨帆 拳士

 天地拳第1系から第4系までを続けて相対で行った、テーマのある面白い演武でした。

 

 【記念撮影】

 最後に参加者全員で記念写真を撮り、入門式は終了です。

 合掌 冴恵さん、陽道くん、ようこそ清水袖師道院へ。

 これからみんなで、互いに親しみ合い、援け合い、協力して、修行を続けていきましょう。

 

 

2023年 新春法会

2023年 新春法会

2023.1.6(金)

 

 2023年となりました。

 清水袖師道院の稽古は、新春法会から始まります。

 

 司会は、野田 明伸 少導師が務めました。

 

 導師献香】道院長 平井 富士雄 少法師

 

 【教典唱和副道院長 望月 翔太 権中導師

 

 【新年の誓い

 門信徒全員が、それぞれの新年の誓いを皆に向けて読み、新年の誓いを書いた紙を道院長に渡しました。

 新たな目標を胸に、今年も仲間と一緒に努力していきます。

 

 【道院長年頭挨拶道院長 平井 富士雄 少法師

 まずは、道院長の新年の誓いを発表しました。

 今年は門信徒を25名まで増やすことを目標とします。

 続いて、宗道臣語録の中から、 深刻な顔したって 世の中変わりゃせん という言葉を門信徒に送りました。

 戦後の、日本が混乱している時代に、開祖 宗道 臣は少林寺拳法を始めた。それに比べれば、現在の、当時より安定した時代に、何かを始めることは、ずっと容易い。できないわけがない。

 以上のような、前向きな気持ちになれるお話を頂きました。

 また、苦しみは自分の頭の中だけにあるというお話も、考えさせられる、印象的な内容でした。

 

 【奉納演武

 少年部団体演武

 写真は、昨年の発表会でも披露した、独鈷拳を行っているシーンです。

 

 一般部組演武 飯妻 航希 拳士・長谷川 敬祐 拳士

 二人とも、バシッと金剛拳を極めています。

 

 如意単独演武 望月 翔太 拳士

 天地拳第一系、第二系、独鈷拳を如意二本を使いアレンジしました。今後、研究していきたいところです。

 

 【記念写真参加した門信徒・家族全員で記念撮影をしました。

 

 

 記念撮影の後は、みんなでおしるこを食べて、新春法会は終了です。

 

 合掌 ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

 今年もよろしくお願いいたします。

 門信徒の皆さん、新年の誓いを忘れずに、今年も楽しく稽古に励みましょう。

 

 

 

 

 

2022年稽古納め

2022年稽古納め

2022.12.28(水)

 本日、12月28日水曜日は、清水袖師道院の今年最後の稽古となりました。

 

【基本】

 稽古納めの基本は、いつもよりもハードな内容です。

 白蓮中段構から、振子突・蹴上・上中二連・上中蹴を、それぞれ全員で10ずつ号令をかけて行いました。号令をかけた拳士は10名なので、つまり、それぞれ100回行ったということです。

 大変だったと思いますが、みんなよくやりきりました。

 上の写真は蹴上を行っている瞬間を捉えたものです。中央に、当道院に今年入門した 望月 海翔 拳士、鈴木 貫太 拳士、長谷川 千莉 拳士が写っていますが、望月拳士・鈴木 拳士はよく足が上っているし、長谷川 拳士はしっかりと鶴立をして蹴っていることが分かります。3人とも、大きく成長しました。

 

【今年の漢字】

 今年は、門信徒それぞれが、今年の漢字をひとつ決めて、発表しました。

 野田 拳士の今年の漢字は 力 でした。

 今年、野田 拳士は一日も欠かさず稽古に参座したとのことです。ここでいう力とは、そういった、やると決めたことを継続してやりきる力ということでした。私たちも育んでいきたい、大切な力です。

 長谷川 拳士は 楽 という字を選び、「楽しかった」と言ってくれました。それを聞いて、私たちとしてはうれしい限りです。来年も、楽しい一年にしていきましょう。

 鈴木 拳士は 挑 を選びました。少し難しい字ですね。挑戦の「挑」、「いどむ」という意味です。鈴木 拳士は、いつも真面目に稽古に臨み、昇級考試等に対しても真剣に挑んでいましたね。来年も、いろいろなことにチャレンジしていきましょう。

 

 以上、代表して3名の今年の漢字を紹介しましたが、全員が同じ字になることなく、良かったこと、あるいは大変だったことを発表し、今年を振り返りました。来年につなげていければと思います。

 

 

 合掌 門信徒・保護者の皆様、今年はありがとうございました。

 清水袖師道院が楽しく、成長できる場所であるのは、皆さんひとりひとりのおかげです。

 来年もよろしくお願いします。

 よいお年を!

2022年  道院設立30周年記念 演武発表会

 清水袖師道院 設立30周年記念 演武発表会

       於:12月25日(日)清水ふれあいホール

        テーマ:工夫を重ねて進め

 

2022年(令和4年) 道院設立30周年記念 演武発表会を12月25日(日)清水ふれあいホールにて行いました。写真は受付です。この地点では、まだ余裕があります。

発表会の始まりです。ステージに上がり、少し緊張気味になりました。

まずは作文発表です。「工夫を重ねて進め」をテーマにした作文を発表しました。写真は 髙木蘭丸拳士です。

鎮魂行の主座は、今年、初段を印可された牧田真海拳士です。凛々しく教典を読誦しました。

易筋行の披露は、基本の突き蹴りから始まりました。

防具を使った基本は、気合と共に迫力満点です。望月海翔拳士の後ろ回し蹴りです。

迫力のある長谷川敬祐拳士の飛び二連回し蹴りです。

この日の来賓は、林芳久仁県連会長、稲葉寛之協会顧問、そして林県議のあとがまと紹介された中山真珠様より、それぞれ簡素ですがあたたかい挨拶をいただきました。

組演武第1部では、3組の演武を披露しました。写真は吉田光代拳士、渉悟拳士の親子演武です。

少年部団体演武の構成6番目には独鈷拳を披露しました。

一般部団体演武は錫杖の研究を発表しました。

野田明伸拳士が凛々しく構えています。

道院長挨拶では、「30周年からの出発」という題で話をしました。長年、副道院長をしていただいた伴清司拳士も写真で参加しています。

今年の創作寸劇は、迷探偵コナンを発表しました。道に迷ってしまう迷探偵コナンが少年探偵団と共に活躍する寸劇です。

蘭は黒の組織のジンにつかまってしまいます。

少年探偵団の帯締め大作戦発動です。

蘭を守った少年探偵団と怪盗キッドはあと一歩まで黒の組織を追い詰めたのでした。

組演武第2部では4組の演武を披露しました。

組演武の最後は小峰拳士、望月翔太拳士の如意対如意の演武です。

最後は団体演武に法形を取り入れた創作団体演武の披露です。

創作団体演武の締めは4方向の紅卍拳です。清水袖師道院は、息が合っています。

いろいろなハプニングが起きた30周年記念演武発表会でしたが無事に終わり、みんな笑顔があふれています。拳士はもとより、友人、ご家族の協力があり道院は活動が出来ています。ありがとうございました。(代表道院長 平井富士雄)

 

 

 

 

2022.12.24 清水袖師道院 忘年会

清水袖師道院 忘年会

2022.12.24

 

 2022年12月24日(土)、清水袖師道院の忘年会が、沖縄料理MANAMIにおいて行われました。

 このお店は、いつも幹事を担当してくださる野田拳士の行きつけの店で、昨年の忘年会でも利用させていただきました。

 おいしい料理に舌鼓を打ちながら、おいしいお酒に酔い、会話に花を咲かせ、2時間という短い時間はあっという間に過ぎて行きました。

 

 上の写真は乾杯の様子です。

 乾杯の前に、当道院 平井 道院長より、ご挨拶がありました。

 今年は、門下生の人数も目標としていた20名を超え、道院は現在、活気に満ちたています。来年も、よりよい年にするよう、門信徒皆と志を共有したところで、本日の宴は始まりました。

 

 清水中部道院の山田道院長にも、この度の忘年会に参加していただきました。

 山田道院長のお話からは、少林寺拳法に対する熱い情熱が伝わってきました。私たちもまた、その情熱の炎を絶やすことなく、修行に打ち込んで行きたいと、心から思いました。

 

 

 

 さて、明日は清水袖師道院の演武発表会です。

 したがって、翌日に影響がないよう、飲み過ぎないよう注意しながらの忘年会でしたが、おいしい料理とおいしいお酒、忌憚のない意見での仲間との談笑により、明日はもちろん、来年からの活動に向けての英気が十分に養われたかと思います。

 合掌 参加された皆様、ありがとうございました。とても良い、忘年会となりました。