紙芝居 はきものわらし しょうこちゃん

5月20日(月)望月翔太 副道院長が 静岡登呂道院 高橋道院長(作画 巽 十一)の紙芝居をお借りして少年部に読み聞かせを行った。

ユニークな主人公は「はきものわらしのしょうこちゃん」です。

脚下照顧をしないと、しょうこちゃんの体にある変化が起こってしまうのです。

その代わりにしっかり脚下照顧をすると、反対にすばらしい事が起こるのです。是非、高橋道院長に問い合わせて、少年部のいる道院の責任者の方はユニークな紙芝居で楽しい読み聞かせをしてみませんか?子供たちに受ける事間違い無しです。(平井)

いいね!>> いいね! 15人