2022年6月8日 入門式

入門式

2022.6.8

 前回(2022年4月8日)の入門式以降、清水袖師道院は再び新入門の縁に恵まれ、上記日程にて入門式を執り行いました。

 今回は清水中部道院、静岡城北道院、焼津道院の先生方にもご出席いただき、大勢の方が参加してくださいました。

 

 司会は、清水中部道院 副道院長 望月 満 権中導師が務めました。

 

 導師献香 当道院道院長、平井 富士雄 少法師

 

 教典唱和 野田 明伸 少導師が奉読し、門信徒全員で唱和しました。

 

 入門式表白文奉読 当道院道院長、平井 富士雄 少法師

 

 誓願文奉読 今回の主人公、入門者の長谷川 千莉 拳士が、誓願文を奉読します。

 

 盟盃 今後、血を分けた親子、兄弟のように「無償で」援け合えるような仲になっていくための誓いの盃です。吉田 光代 拳士にブドウジュースを注いでいただきました。

 まずは導師が飲みます。

 続いて、入門者が飲みます。

 

 盟盃の後、入門者は輪袈裟を与えられ、金剛禅の門信徒として仲間入りを果たしました。

 

 導師法話 当道院道院長、平井 富士雄 少法師

 宗道臣語録の中から、やらないうちから  自分で自分を見捨てるなよ という言葉を入門者に贈りました。

 人は生まれた環境を変えることはできないが、生き方は自分で変えていくことができる。その為には、変えようと思い努力しなければならない。

 以上のような主旨の法話でした。当道院の門下生で、入門した当初は人前で全然話せなかった子が、今では大勢の前で堂々と演技をしているというエピソードが印象的でした。

 

 導師法話に続いて、本日の儀式にご出席いただいた、清水中部道院道院長、山田 恵修 大導師より、ご挨拶を賜りました。厳粛に儀式を執り行うことの重要性について、お話しいただきました。

 

 奉納演武

 ①少年部三人掛け

  牧田 真海 拳士、吉田 渉悟 拳士、髙木 蘭丸 拳士

 

 ②女子護身術

 野田 明伸 拳士、望月 梨帆 拳士

 

 ③一般組演武

 小峰 悟 拳士、望月 翔太 拳士

 

 最後に、ご参加いただいた皆さん全員で記念写真を撮り、入門式は終了です。

 合掌 皆さん、お疲れ様でした。ご協力ありがとうございました。

 

 合掌 千莉ちゃん、ようこそ清水袖師道院へ。入門してくれてありがとう。

 これから、楽しいことがたくさんあります。少し大変なこともあるかもしれません。

 いろいろなことを、みんなと一緒に経験していきましょう。

いいね!>> いいね! 11人