最新の記事
Shorinji Kempo

“45年ぶりの現役復帰” が凄すぎる!

 

なんと、45年ぶりに現役復帰された”髙橋和彦さん”をご紹介します!

 

髙橋さんは、明治学院大学で少林寺拳法を始められ、大学卒業と同時に休眠されていましたが、縁あってこの度 伊豆長岡道院に現役復帰されました👏

退職後、悠々自適の生活をされていましたが、体調を崩された際に健康の大切さを感じ「また体を動かしたい!」と、復帰に至ったそうです。

   ← 当時の道衣や”身分證明書”も大切にお持ちでした。

 

現在は明治学院大学 少林寺拳法部 のOB会長であり、大学の少林寺拳法部で監督をされている齊藤道院長とは以前からお知り合いだったとのこと。

とにかく、大学合宿で開祖に直にお会いした経験を持っていらっしゃるので、そんなお話を沢山聞かせていただきたいです!

足刀がめちゃくちゃキレイ✨

 

 

2022年度 後期 入門式

10月22日㈯  2022年度の 後期 入門式を執り行いました。

新入門者は小学一年生の男の子と、小学四年生の男の子とお父さんの3名です。

 

小学一年の男の子が、読み仮名を振ってあるとはいえ、

知らない言葉だらけの誓願文(せいがんもん)を一生懸命に読む姿に

きっとお家で何度も練習したんだろうなと想像し感動しました。

皆さん宜しくお願いします。

 

■教典唱和

 

 巻物も薫じて

■表白文 奉読

■誓願文 奉読 

   『黒帯を取るまでがんばります!』

■入門者の自己紹介 

 

■演武   

今回は親子の入門者にちなみ、道院内の親子3組による演武披露となりました。

  土屋さん親子        伊東さん親子        大嵩さん親子

 

 

入門式に参加された、新入門拳士の保護者の方から感想をいただきましたので紹介させていただきます。

。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。

今回はありがとうございました。

嬉しくてちょっと泣きそうになってしまいました。

弱虫泣き虫だった息子でしたが、少しずつ自信もついてきて、入門して本当に良かったと思っています。

私的には、息子が横目でちらちらお兄さんお姉さんたちを見ながら一生懸命 真似をしている姿を見るのが好きです。

 

 

以前掲載した帯の結び方を練習する新入門拳士👇

https://shorinji-shizuoka.jp/wp/110851/20220818826

 

2022年度 達磨祭

 

10月15日㈯ 道院にて達磨祭を執り行いました。

 

達磨祭”は達磨大師の命日とされている10月5日 またはその前後に挙行します。

祖師達磨大師を礼拝し遺徳を偲ぶとともに、門信徒が一層「拳禅一如」の修行に精進することを達磨大師の前で誓う儀式です。

 

■ 教典唱和

■ 祭詞奉読

 

■ 門信徒献香  代表で土屋拳士

 

■ 導師法話  『達磨大師はね・・・』のお話に子供たちも興味津々

 

■ 奉納演武  

急遽、当日お願いしたのに引き受けてくれてありがとう

 

最後はお菓子が配られ、子供たちは満面の笑み(⌒∇⌒)

                          今回初めて司会を担当し、緊張しました💦(山梨)

 

昨年の達磨祭の様子👇

https://shorinji-shizuoka.jp/wp/110851/20211011591

 

さて、来週は入門式です!

 

 

 

 

第6回 静岡県教区 易筋行大会 に参加しました。

9月25日 ㈰ に開催された “第6回 静岡県教区 金剛禅易筋行大会” に参加しました。

勇志による参加となりましたが、大人にも子供にも楽しい1にちとなりました。

本大会は、県下の金剛禅門信徒(同志)が集まり易筋行(少林寺拳法)の発表や修練を通じて互いの親睦と金剛禅への理解を深めることを目的としています。

大会に参加した子供たちに感想を聞いてみると

『他の道院の人と演武を作ったのが楽しかった!』

『皆の前で創作演武を発表する時にキンチョーした💦

 でも、深呼吸してから始めてくれたから大丈夫だった』

一般部からは

『他道院の方たちとのグループディスカッションで、皆さんの意見が参考になった』

との感想がありましたが、意外にも子供たちからも同じように

『他の道院の人の少林寺拳法に対する気持ちが聞けてうれしかった』

との答えが返ってきて驚きました。

 

 

大会当日、台風15号の大雨による被害を受けて急遽不参加となった道院がありました。

また、参加されていても断水で日常生活に支障をきたしている道院もあったことと思います。

一日も早く通常の生活を取り戻せますようにと願うばかりです。

 

この易筋行大会の様子は静岡県教区のページにも掲載されています👇

https://shorinji-shizuoka.jp/wp/kyouku/20221003802

 

 

女子率UP⤴️で賑やかで~す✨

  休眠していた女子拳士たちが復帰!

  (もう ”女子” では失礼かも…)

  賑やかに✨、華やか😍になりました。

  一般部が多いのは楽しいですね👍

 

◆ 復帰の 理由は?

 I拳士:もっと成長したいと思ったのと、参段を取得したいと思ったので。

 N拳士:もう一度夢中になれるものに取り組みたいと思ったし、参段取得に挑戦したいと思いました。

 

◆ 目標はあるの?

 I拳士:参段を取得して、もう一度全国大会で入賞して、齊藤道院長に恩返しをしたいです。

 N拳士:全国大会に出場して、10年以上指導してくださった方々に恩返しできるような結果を残したいです。

 

◆ 久しぶりの稽古はどうでしたか?

 久々の稽古で体力も無くついていくのに精いっぱいでしたが、とても楽しかったです!

 

 

彼女たちが小中学生の頃の印象が強いので、受け答えも大人になっていてビックリ😂

 

 

     

『稽古に行きたい!』と泣いたお子さんは初めて

 

それが、先月入門した小学一年生の男の子です。

見学に来た時も積極的に体を動かし、

2回目の時は既に『稽古に行きたい (泣)』状態だったそうです。

 

難しい帯も一人で結べます!
鎮魂行の暗唱カードを渡そうとしたら

 『もう覚えた!』と言われちゃいました ^^;

稽古中も目👀と耳👂をフルに使って、

  道院長の動きをジーっと観て”真似”しています。

 

休憩後も直ぐに整列して開始を待っています。
道院長の問いかけに、元気よく返事をしてくれます。

とってもカワイイですし、

見習う所が多い小学一年生です。

 

納涼祭を開催しました。

 

7/30㈯ 納涼祭を行いました。

BBQ🍖に”怪しい”くじ引き(でも豪華賞品あり!)、

すいか割り🍉に綿菓子🍭に花火大会🎇🎆

現役の拳士だけでなく、休眠中の拳士やその保護者の参加もあり、

懐かしく楽しい夜になりました (^^♪

 

  毎年大盛況のくじ引き屋さん  今年は“あやしい”くじ引き屋さん らしいよ😎

 

 『小さい子から順番に並んでぇ』

  何が当たるかな? 

      戦利品 ✧˖°🐸

 

 大盛り上がりだった、すいか割り🍉

 『みぎぃー

 『ひだりぃー

 

そして、何故か最後は演武大会!

 

とにかく楽しい夏のひと時でした °˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

最後に、

沢山の差し入れと暑い時間からの準備や後片付けに

ご協力いただきましてありがとうございました。

助かりました。

7/17㈰ 少林寺拳法 静岡県大会 に参加しました。

伊豆長岡道院では、日頃の修練の成果を確かめるべく、一般財団法人 少林寺拳法連盟 主催の少林寺拳法全国大会などに積極的に参加しています。

7/17㈰ 少林寺拳法 静岡県大会が開かれました。

昇級試験が終わった先月から、出場拳士は練習日を増やし連日汗だくになりながら稽古に励みました。

・先ず、県大会での目標を立てること

・その目標を”強く思う”こと

・目標実現にはどうしたら良いか考えること

 

『ただ回数だけこなしていてもダメだよ』

『注意された所を自分で意識して、直そうとしなくちゃ』

『組む相手がいる人は、相手のことを思って稽古するんだよ』

いつも、齊藤道院長から言われる言葉です。

 

練習は裏切らない・・・

 

県大会の結果は様々でしたが、 あの汗や涙は無駄にはなっていません。

 皆、確実に上達しましたし、何より顔つきが変わりました。

 

さて、このひと月の間で、子供たちが手にしたものは・・・

 

 

🎆お知らせ🎆

今月末の7/30㈯ 16時〜 道場にて”納涼祭”を開催します。

趣向を凝らし、コロナ対策もしながら行いますので、現役拳士だけでなく休眠中の拳士やそのご家族も是非ご参加下さい!

↓昨年の様子

https://shorinji-shizuoka.jp/wp/110851/20210725537

 

 

 

今夜も稽古中!

梅雨明けまだの日曜日

それぞれの目標に向けて稽古に汗を流しています。

 

 

盛りだくさんの一日

 

遅ればせながら💦

本日 5月28日に、宗道臣デーの奉仕作業と、開祖忌法要、

並びに 2022年 前期 入門式 を行いました。

 

奉仕作業には、拳士のご家族にもご協力いただきました。

ありがとうございました。

     

開祖忌法要

誓願文を読み上げる新入門の佐藤 拳士

開祖忌法要のあと、開祖に関する道院長のお話を真剣に聞く少年部拳士

 

道院長の『開祖だったらどう思うだろう? 開祖だったらどうするだろう? と常に考えます』とのお話が心に残りました。