2022.8.6全日本少年少女武道錬成大会

2022年8月6日(土)日本武道館主催の「令和4年度・少林寺拳法・全日本少年少女武道錬成大会」に吉田渉悟拳士、望月海翔拳士が参加しました。武道は心技一如の運動文化で、人格を磨き、道徳心を高め、礼節を尊重する態度を養う「人間形成の道」です。写真は到着時の様子です。

日本武道館には大きな日の丸が掲げられています。この会場は1964年と2021年の東京オリンピックの舞台となりました。錬成大会に参加することで名誉ある日本武道館の中に入れます。

この大会は2020年・2021年とオリンピックの関係で未開催となり、3年ぶりの開催です。コロナ禍対策で、午前が関東以外の道府県、午後が関東の所属拳士に分けての開催となった。大会スタッフも大変であったと思います。写真は吉田渉悟拳士のデビュー戦です。本人が工夫を凝らした発表となりました。

望月海翔拳士のデビューの単独演武です。本来ならば相対演武だったのですが、1週間で単独演武に仕上げました。家でも練習した結果、凛々しく構えています。

午前中で関東以外の道府県は退場となり、浅草でお昼を食べて、帰途に着きました。

いいね!>> いいね! 9人