道院案内
Shorinji Kempo

静岡三島道院のご案内

あるがままの自分に向かい合う強さと優しさを持つ

自分の弱さや気になるところ、素直に見つめ、受け入れるために、自分を認めることと同時に他人を認められる勇気と優しさを仲間と伴に学び合うことを目指しています。

同時に心だけでなく少林寺拳法の修練を通して、身体と語り合うことで健幸になりましょう。    

専有道場

静岡三島道院の専有道場には金剛禅総本山少林寺のご本尊である達磨大師像が奉られてあり、静岡三島道院の活動の拠点となります。

具体的な修練日、修練場所については下記の「修練日と場所について」をご覧下さい。

住所静岡県三島市
道院長青島 勉(少法師 正範士 八段)
お問い合わせは/TEL 055-928-5191
メールでのお問い合わせはこちら

施設の特徴と所属拳士の構成について

  • 中学生~29歳までの若手拳士が10名以上在籍しています!
対象 ・一般 (中学生以上)
性別問いません
経験問いません。初めての方も、他のスポーツ経験者の方も大歓迎。
施設特徴
  • 冷暖房完備
  • 近くに駐車場/駐輪場あり
  • 市街地にあります

修練日と場所について

【水曜日】 専有道場(アイダビル2F)
住所〒411-0837 静岡県三島市南田町3-19
交通大平車庫行 一本松バス停から徒歩2分
修練時間 少年部 19:00~20:30
一 般 19:00~21:30
地図
【土曜日】 専有道場(アイダビル2F)
住所〒411-0837 静岡県三島市南田町3-19
交通大平車庫行 一本松バス停から徒歩2分
修練時間 少年部 19:00~20:30
一 般 19:00~21:30
地図

静岡三島道院の沿革

道院沿革

設立年度(西暦)1984年

沿革/役職履歴など

静岡三島道院は駿東部地区では最初の道院です。

1970年 故伊藤 昇氏が三島市川原ケ谷の沖ヨガ道場に道院を設立。 

1972年10月 清水 明氏が2代目道院長を承継。(その後5年程休院)

1984年    設立 /再開(三島市民体育館武道場にて)現在に至る。       

静岡三島道院 道院長のご紹介

道院長(指導者)について

各地の道院では、金剛禅総本山少林寺によって指導者として正式に認められた道院長が、責任を持って道院運営・門信徒育成を行っています。
 金剛禅宗門は教えを現代社会に生かすための道であるため、道院長は本職を別に定めたうえで、社会との関わりを持ちながら「自己と他人の成長、そして金剛禅を縁とした人間関係」を最大の喜びとして無償で指導に当たっています。

道院長紹介

道院長 青島 勉
少法師 正範士 八段
道院長の青島です。

静岡三島道院は静岡県東部では、早くから創設された道院です。途中休院という空白期間がありましたが、1984年に再開を果たし、私で3代目となります。

東部地区に金剛禅布教の場を創れという先代道院長の檄で道院長心得として、1973年に沼津愛鷹道院を開設したのが指導者人生の出発でした。

武専教員、本山教師として各県の武専、教区研修会にて指導させていただいた経験は、私自身にとって最高の勉強の場でもありました。

多くの体験から学んだことは、道院活動を始め、金剛禅の布教活動に役立てて行けると思います。伴に学び合いましょう。